ドラクエ10好きのミルクでミルクティドラクエⅩ金策ブログ

ドラクエ10のドレア金策攻略などのブログです。

ドラクエ10って遊び方いろいろで100人いれば100通りの楽しみ方がある!  ドラクエ10のそんなとこ好きです♪

ミルクティーによるあたし目線の楽しみ方を書いています。ドレア・金策・迷宮・宝珠・攻略なんでもありのブログです(*´∇`*)

ブクマ推薦♪写真を撮るときの小技まとめ「ドラクエ10」

f:id:maxdq10:20170910014324j:plain

アストルティアの名カメラマンのミルクティーです♪

 

あくまで自称です

自称ね♪

 

ブログの写真はほとんどゲーム内のカメラ機能を利用して撮影しています

できるだけいい写真を撮りたいとちょっとずつ工夫はしてるのですが、これがまた奥が深い(´_`。)

 

 そこで初心者様向けに写真を撮るときの小技をいくつかまとめてみました

 

「これであなたも名カメラマン!」

とはいきませんが、ちょっとでも参考になれば幸いです♪

写真を撮った時の外枠

f:id:maxdq10:20170910003346j:plain

 写真を撮影したときに外枠ができたことありませんか?

 

上の黒い部分です

両サイドに黒い枠ができていますよね

f:id:maxdq10:20170908035256j:plain

通常の写真はこんなです

 

実はドラクエ10の写真機能って4:3の画面に対応していません

コンフィグの環境設定で画面解像度を4:3でプレーしているときに写真を撮影すると外枠ができます

f:id:maxdq10:20170910004418j:plain

上の赤い部分です

 

特にPC版だとおもいますが、外枠いらないって方は画面解像度を16:9とかで遊ぶと枠のない写真が撮れますよ

スライド機能を利用した撮影

f:id:maxdq10:20170910004742j:plain

 ふつうに写真モードにするとさいしょ焦点はあたしになっています

 

これをスライドさせると焦点が移動します

f:id:maxdq10:20170910004940j:plain

こんな感じであたしは右へ移動します

 

自分が中心じゃない写真が撮れるんですね

これって便利です

イベントなどで集合写真を撮る場合

f:id:maxdq10:20170910005301j:plain

 イベントなどで集合写真を撮るときいつも中心で写真を撮れるわけではありません

 

右端で撮影で全体がまったく写りません

でもさっきのスライド機能を使うと

f:id:maxdq10:20170910005455j:plain

この通り!!

 

全体が写っちゃいますよ

大勢で記念撮影をするときにスライド機能はひじょうに便利です

絵葉書を書くとき便利

f:id:maxdq10:20170910005727j:plain

絵葉書を書くときってあたしが真ん中だと文字であたしが消えてしまいます(´_`。)

 

なるだけキャラは文字にかぶらせたくないのが本音!

でもスライド機能を使ってちょっとずらしてあげればだいじょうぶ♪

 

絵葉書や写真たて用の写真を撮る時に使えますよ

しぐさの途中で写真を撮る

f:id:maxdq10:20170910010735j:plain

 こちらしぐさ「ネタ綿毛タンプラ」

 

黄色い綿毛タンポラがたくさん上から降りてくるしぐさです

さいごに撮影したのが上の写真です

 

でもこのしぐさ実は途中がひじょうにかわいいのです

f:id:maxdq10:20170910011309j:plain

こんな感じであるとか

f:id:maxdq10:20170910011401j:plain

こんなとか

 

その他にもしぐさの途中がかわいかったり、ポイントだったりするしぐさがたくさんあります

 

しぐさの途中で写真を撮るのもいつもとは違った写真が撮れますよ

ズーム機能を利用して

f:id:maxdq10:20170910011714j:plain

ズーム機能をふつうに利用して近づけて撮影するとこの辺まで

 

カーソルをいっぱい下にして近づけるとここまで近づけますお

f:id:maxdq10:20170910012338j:plain

ちょっと近すぎるw

 

アップで写真を撮りたいときには便利です

写真の便利技まとめ

f:id:maxdq10:20170910012557j:plain ちょっとした工夫でふだん撮る写真がいつもとは違った写真に変わりますよね

 

今回の記事がちょっとでも写真撮影のスパイスになったらうれしいかぎりです

最後にいろんな便利技をおしえていただいたフレのねぃさまには大変感謝です